ティザーサイト公開

ティザーサイトとかいう新天地を公開しました。
今後はここを起点に色々と情報を出していきたいと思います。

そして明日から京都で行われるBitSummit Vol.6にLA-MULANA2が出展されます。
NIGOROブースはありません。PLAYISMのブースにちょこんと置いてあります。
初公開、スタート地点から始められます。

導入部分からなので回転が悪いかもしれませんが、後ろで眺めるもよし、前の人のプレイをコンティニューして展示中にクリアしても良し。

NIGOROのメンバーも居場所がないのでPLAYISMブース辺りをうろうろしていると思います。
京都みやこめっせで余と握手。

ファミ通にて発表

Kickstarterを始めた時から完全に放置された公式サイトからこんばんわ。楢村です。

ようやく「もうずれねーよ」と言えるところまで仕上がってきたので情報公開しました。
今週発売のファミ通にPLAYISM特集の流れでLA-MULANA2が6ページぶち抜きで掲載されています。
いいんですかね、インディーゲームで6ページって。
それとも我々が開発で引きこもっている間にインディーでもこのぐらい大きく扱ってくれる時代になったのでしょうか。
インタビューなどとともに夏発売、BitSummit6に出展などの情報が出ております。

ウチの地域では発売が1日遅れなので俺はまだみていません。
だから代わりにみんな買って読め。

東京ゲームショウ2016

もちろん出展します。

今回はLA-MULANA2もかなり仕上がってきているのでプレイアブルを2台置けるブースになりました。
右側は「ちょっとやってみよう台」、左側は「いいからじっくりやらせろ台」の予定です。ウチのブースには長時間張り付いたりボスを倒すまで何度も来たりするお客様がちょいちょいいらっしゃいやがりますので、こういう体制で行こうかなと思います。

そう、今回とうとうプレイアブルでガーディアンと戦えるようになってます。出来たてホヤホヤで「プレイ全体を見て多くの人が遊びやすいように調整」をしていない、「こんくらい平気やろ」という産地直送ものなので是非挑戦してください。一般日にガーディアン「ファフニール」を倒した人にはミニポスターあげます。先着15名様。俺は余ると思っている。

l2image
これがミニポスター。そう、依頼していたイラストもとうに届いてましたのでイメージイラストも最新のものです。ロゴも最新。そういえばステッカーもあった。
東京ゲームショウではインディーゲームコーナーでこのイラストを目指してやってきてください。

ちなみに今年のゲームショウはどいつもこいつもVRでのぼせてしまっているので楢村はきっとずっとブースにいると思われます。

LA-MULANA Mac版

Screen Shot 2016-05-12 at 9.22.10 PM

Humble Bundleでのリリースのために準備していたMacOS版LA-MULANAですが、Steam版のみとなりますがこの度正式版としてリリースすることになります。

正直、予定になかったものを外注で移植したものなので時間がかかった割には完全なものとは言えません。
Windows版と比べるとおかしな部分は残っていますが、手をかけられるのはこの辺が限界ということでこれを正式版としています。

LA-MULANA2はこういったことにも対応できるようにUnityを使うことになりましたから、今後のNIGOROゲームはMacユーザーを見放しません!

信じられない?

私はPowerMacintosh7500からのAppleユーザーだ。

恒例行事

今年もじきに終わってしまいそうですね。

KickStarterのアップデートやイベント会場で聞かれた時にはほのめかしていたのと、古くからNIGOROを知っている方ならおよそお察しかとおもいますが。
今年中にLA-MULANA2はでません。無理です。いつものことながらすみません。

KickStarterプロジェクトの後、イベントに出るため大幅修正を控えていた期間と、PSVita版、あと紆余曲折あってUnityでの開発にシフトした期間を合わせた1年間が抜けてしまった感じです。
その代わりと言ってはなんですが、PC版が発売されたのちコンシューマーへの移植は前作よりスムーズに行われるはずです。

KickStarterを利用したのでそちらへの情報公開が優先されたことと、前作のWiiWare版の時に「半年で作ってやんよ!」と息巻いてから1年謝り倒し、そのあとの1年はだんまり決め込むという悪事を繰り返さないために進めております。
年が明けてLA-MULANA2の情報が公開できるようなサイトの準備が出来次第、ゲーム内容などの情報も順次出していこうと思います。

で、結局のところいつできるのか。
1年はかけたくないが年明けすぐにできるとは思わない。
NIGORO以前にやっていた、本編が完成次第先行リリースという形はあるかもしれない。とにかくLA-MULANA2として外せないクオリティまで仕上がらずにリリースすることは考えていない。

少人数でやっているため開発を優先するとどうしてもサイトや情報公開への労力が減ってしまうのでご迷惑をかけております。
そこは必ずや誰しもが納得できるLA-MULANA2を作って行くためにやっておりますのでお待ち下さい。