EF-12にルエミーザ・小杉登場

日本の開発者の仲間であるクアッドアローが開発する、EF-12という3D格闘ゲームがあります。

このゲームは、自分でキャラクターやステージ、キャラスキンなど自由に変更し、自分だけのオリジナル格闘ゲームをつくることができます。

クアッドアローの代表 小野口さんが、LA-MULANA 2 KickStarterプロジェクト応援のために、こんなものをつくってくれました。

前作の主人公であり、本作ルミッサの父、ルエミーザ・小杉です。

今日から、PLAYISMから配信開始しました。

さらに、応援コメントもいただきました。

■クアッドアロー 小野口正浩さん 代表作:鉄拳・ソウルエッジ・Tobal No1・EF-12


皆さん、こんにちは!EF-12のエバンジェリスト小野口正浩です。NIGOROとはBC2012年にお会いし、とても良い友達になりました。皆、すさまじい才能を持っています。LA-MULANA 2は、とてつもなく素晴らしいゲームになると信じています。

私は、このゲームが世界中に広がり、多くの人々にプレイされることを願っています。
そこで、もしKickStarterプロジェクトがもしも30万ドルを突破したら、LA-MULANA 2のヒロインであるルミッサをEF-12に追加することをお約束します!!

ルエミーザVSルミッサが、3D格闘ゲームで実現するのです。これぞドリームマッチ!

あなたが本物の優れたアクションゲームをプレイしたいのなら、今すぐこのプロジェクトを支援しましょう!

というわけで、小野口さん独自の30万ドルストレッチゴールが追加された。3Dになったルミッサは私もぜひ見たい。残り48時間ほど。ラストスパートの支援をよろしくお願いします。

Speak Your Mind

*

CAPTCHA